†Monk's Date†


モンクスキル解説

パッシブスキル
鉄拳( Iron Palm )

MAXLv:10
効果:ナックル系列の武器を使用する時と素手の時のダメージを増加させる(最低保障ダメージ)
習得条件:ディバインプロテクション Lv.10 デーモンベイン Lv.10
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
攻撃力増加値 +3 +6 +9 +12 +15 +18 +21 +24 +27 +30

スキル重要度:
3(5段階中)

管理人的解説:剣士の剣修練などと同じの効果を持つ修練スキルです
モンクのスキルツリーの基点となるスキルで最低でも2(5)取得しないとモンクスキルを使うことはできません

取得条件がディバインプロテクション10 デーモンベイン10とアコスキルをかなり圧迫気味orz
ディバインプロテクションがせめて5ならばアコ時代のスキルに余裕が出るのですが
この二つでアコスキルポイントを20も消費してしまうためJOB40転職は厳しいと言われています
モンクは有効的なスキルが豊富なので特に優先して鉄拳を10取る必要は無いかと思われます
低STRorパッシブ型なら10 指弾or高STR型なら5で十分だと思います
見切り( Falling Pear Petals )

MAXLv:10
効果:敵の攻撃を受け流し回避率(Flee)が上昇する
習得条件:鉄拳 Lv.5 気功 Lv.5
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
FLEE増加値 +1 +3 +4 +6 +7 +9 +10 +12 +13 +15

スキル重要度:
3(5段階中)

管理人的解説:AGI型には何よりもありがたいスキル
シーフの回避スキルと比べると半分しかないので劣るように見えるますが実際速度10を取得すれば15+12で差は3です
この場合シーフにFLEEは3劣りますがAGI直接増加なのでASPDが増加します(1〜2上昇)
取るなら10 取らないなら0or5とタイプによってスキルとしての価値観が変化するスキルです
FLEEは囲まれると3匹以上から減少していきますがスキルでの底上げFLEEはどれだけ囲まれても最低保障分残ります
FLEE15ではポリンすら避ける事ができませんが・・・
三段掌( Triple Blows )

MAXLv:10
効果:攻撃中一定確率で3連打攻撃をする 3連打攻撃が発動した後は一定時間のディレイタイムがある
ディレイタイムは使用者のDEXとAGIが高くなるほど少なくなる
もし連打掌を習得したとするならば ディレイ後に連打掌が発動可能な別途のディレイタイムが発動される

習得条件:見切り Lv.5
Lv 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
発動確立 29% 28% 27% 26% 25% 24% 23% 22% 21% 20%
攻撃力 120% 140% 160% 180% 200% 220% 240% 260% 280% 300%

スキル重要度:
5(5段階中)

管理人解説:モンクの基本攻撃スキルで最低5は取りたいスキルです
結構忘れがちですがこのスキルのみを取った場合でも多少ディレイタイムが追加されます

三段掌ディレイ算出式:1000-(4*AGI+2*DEX)[msec]

Lvをあげるごとに威力が上がり発動率は下がっていますが平均ダメージと撃滅力は確実に上がっています
素手 鈍器 杖 ナックルと武器を選ばずに使用できると言う点も評価が高め
指弾&残影型以外は10とって損は無い性能かと思われます
コンボ型の場合は発動率を考慮に入れて5でとめると言う選択肢もあります
ただ・・・
5の場合発動率25%で威力200%なのでシーフのDAと比べたとき大きく劣ります(泣



以下新発見(2004/07/13)
PvPでのみのことなのですが気孔を*1個つけた状態で相手を殴るとします
ミス扱いでも気孔の分の3ダメージは相手に貫通するのは知ってのとおりw
この状態で三段が出たら1*3に分散されてダメージが表示されるのもご存知と思います

検証の結果気孔のダメージが軽減される(タラorレイドorあれ)を装備の場合ですが
両方装備すると気孔1つで三段を出したときにダメージ判定がミスになりました
これは1*3になったダメージが1以下になったためミス判定になるようだと思うのですが
タラとレイドあれの一つ装備と二つ装備ではこの結果は得られませんでした
タラのみ   3*0.7=2.1/3=0.7
レイドのみ 3*0.8=2.4/3=0.8
あれのみ   3*0.9=2.7=0.9
タラレイド装備 3*0.7*0.8=1.68/3=0.56
タラレイド装備 3*0.5=1.5*3=0.5
タラあれ装備   3*0.7*0.9=1.89/3=0.63
タラあれ装備   3*0.6=1.8/3=0.6
レイドあれ装備 3*0.8*0.9=2.16/3=0.72
レイドあれ装備 3*0.7=2.1/3=0.7
3つ全部装備   3*0.7*0.8*0.9=1.512/3=0.504
3つ全部装備  3*0.4=1.2/3=0.4

上記の計算だと3つ全部装備した状態での軽減が0.504と0.4
もしRo自体が小数点以下四捨五入だとすればすべてが成立します
これで今まで曖昧だった防具の減算率の計算もすべてわかったということもこれで証明できます
上記の計算道理だと減算系の防具を複数装備した場合100%から直接引いていく計算がされている
30%と20%を100から引く場合
100*0.7=70*0.8=56%ではなく
100-30=70-20=50とすっごい単純な計算がされているゲームということです
この新発見以外にもRoは四捨五入計算が使われていることも発見できましたし
装備の減算系の複数計算も可能になりました
レイド+タラ+あれで回避した場合ダメージの攻撃HIT判定が無いことがわかったので
cに状態異常を乗せて攻撃するタイプの場合防具をレイド+タラにしておけば数発分無効にできると思われます
息吹( Spiritual Relaxation )

MAXLv:5
効果:座った状態でのみ10秒ごとにHPとSPが追加的な回復をする
重量が50%以上の状態では20秒に一度ずつ追加的な回復をする
最終追加回復量は剣士のHP回復スキル マジシャンのSP回復スキルと同一です(VIT と INT に追加値を得る)

習得条件:白刃取り Lv.2
Lv 1 2 3 4 5
HP回復量 +4 +8 +12 +16 +20
SP回復量 +2 +4 +6 +8 +10

スキル重要度:
1(5段階中)

管理人解説:10秒間セルから移動しなければ座った瞬間に発動します(ハエ テレポ使用でも動かなければカウントされません)
MAXHPとMAXSPによって追加回復量が得られます

HP回復量=(MHP*0.002+4)*SkillLv
SP回復量=(MSP*0.002+2)*SkillLv

SP係数が低くSP難によく追いやられるモンクとしてはかなりありがたいスキルなのですが・・・
気奪の仕様変更により気奪で大量のSPを取得できるので影がどんどん薄くなっています
唯一残った利点は爆裂波動状態でも回復できるということです










アクティブスキル
気功( Spirit Sphere )

MAXLv:5
対象:自分
効果:気を集めて実体化させる スキルレベルが上がるほど多くの気弾を集めることができる
キャスティング:1.5秒(攻撃を受けても詠唱中断されない)
※注)セージのスペルブレイカーによる詠唱キャンセルは受ける

消費SP:8
持続時間:生じた気弾の持続時間は 気弾1個あたり10分

習得条件
:鉄拳 Lv.2
Lv 1 2 3 4 5
最高保存量 1個 2個 3個 4個 5個

スキル重要度:
5(5段階中)

管理人解説:気は最大5個までストックしておくことができるようになりますが1回に1個ずつしか作れません
気は1つづつしかためれないため5個ためるには5回分のSPと詠唱時間が必要になります
基本キャスティングが1.5秒に変更されたためスキルの使用が以前よりはるかに楽になりました
気は自分の周りにつけているとひとつに付きATK+3の効果が付きます(5個だとATK+15)
この気は星と同じく最低保障ダメージのようで敵に必ず当たります
気のダメージにはスタンなどのc効果も乗るためcと組み合わせると戦闘の幅が広がります
スキル自体は5取らないとほかのスキルが取れないためMAXLvまであげる必要があります
気奪( Inhale Spirit Sphere )

MAXLv:1
対象:敵or自分
効果:球体になっている気を吸収して SP を回復する 対象の1気弾あたり7のSPを回復し気弾がなければ何も効果はない
キャスティング:2秒
消費SP:5
習得条件:気功 Lv.5

スキル重要度:
5(5段階中)

管理人解説:転生パッチ(2005/2/15)によって飛躍的に強化されモンク必須スキルとなりましたヽ( ̄ー ̄)ノ
モンスターに使うと20%の確立でモンスターのLv*2のSPを吸うことが可能になったからです
一度敵に使用すると敵のターゲットになってしまいますが同じ敵から何度でも吸う事が可能です
気奪で敵をクリックできない人はShiftを押しながら気奪でクリックしてください
(コマンドで/noshiftと予め打っておけば毎回押す必要は無くなります 敵への誤爆支援に注意)
連打掌( Quadruple Blows )

MAXLv:5
対象:敵
効果:三段掌が発動された後のディレイ時間にのみ使用することができる
ソニックブローのように相手方を回転させて4連打する 4連打後一定時間のディレイタイムがある
ディレイタイムは使用者のDEXとAGIが高くなるほど少なくなる
もし猛龍拳を習得したとするならば ディレイ後に猛龍拳が発動可能な別途のディレイ タイムが発動される

キャスティング:無し
消費SP:10+SkillLv*1
攻撃タイプ:無属性 近距離物理攻撃 連打攻撃
習得条件:三段掌 Lv.5
Lv 1 2 3 4 5
攻撃力 200% 250% 300% 350% 400%

スキル重要度:
4(5段階中)

管理人解説:モンクのアクティブスキルの中で1番扱いやすい技です
三段と同じくこのスキルのみを取った場合でも多少ディレイタイムが追加されます
ただこのスキルをLv1でもとってしまうと三段掌のディレイに+300[mesc]と言うディレイが無条件で追加されます
このディレイはAGIとDEXでは減少できないと言う弱点を持っています

連打掌
ディレイ算出式:1000-(4*AGI+2*DEX)[msec]

ここまでのディレイ時間計算の合計
(三段掌)+(連打掌)=(1000-(4*AGI+2*DEX)+300+(1000-(4*AGI+2*DEX)[msec]

特徴は気を使用しない キャスティングがない SP消費が他のスキルより抑えられている
三段を入れた後にすぐ使用できLv3〜5あたりが1番使い勝手が良い
INTをあげてSP底上げなどをしている人にとっては三段→連打による撃滅効果が高くすばらしいスキルにヽ( ̄ー ̄)ノ
三段掌がミスしても連打へつなぐことは可能で三段を対象Aに使い連打を対象Bへと連携することも可能
ただし神速型を目指す人にとっては
無条件ディレイが最低0.3秒追加されるため取りたくても取れないスキルです
猛龍拳( The way of the dragon )

MAXLv:5
対象:敵
効果:連打掌が発動された後 ディレイ時間にのみ使用することができる
対象はダメージを受けると同時に5セル後方に弾き飛ばされる 使用後一定時間のディレイタイムがある
もし阿修羅覇凰拳を習得していて 爆裂波動状態であり気功が4個以上ならば ディレイ中に阿修羅覇凰拳が発動可能

キャスティング:無し
消費SP:10+SkillLv*1+気一つ使用
攻撃タイプ:無属性 近距離物理攻撃
習得条件:連打掌 Lv.3
Lv 1 2 3 4 5
攻撃力 300% 360% 420% 480% 540%

スキル重要度:
2(5段階中)

管理人解説:連打使用後のディレイタイムに使用可能なスキルです
このスキルも連打と同じくLv1でも取得してしまうと連打掌のディレイに+300[mesc]と言うディレイが無条件で追加されます
連打と同じくこのディレイはAGIとDEXでは減少できないと言う弱点を持っています
(ただし連打と違い気を一つも溜めていない状態だとディレイが付かないと言う特性があります)

猛龍拳ディレイ算出式:700-(4*AGI+2*DEX)+300[スキル使用後の減少不可能ディレイ][msec]

ここまでのディレイ時間計算の合計
(三段)+(連打)+(猛龍)=(1000-(4*AGI+2*DEX)
+300)+(1000-(4*AGI+2*DEX)+300+(700-(4*AGI+2*DEX)+300)[msec]

連打がミスしても発動は可能 三段を対象Aにつかい連打を対象Bにつかい猛龍を対象Cと使い分けることも可能
敵を吹き飛ばしてしまうためPT戦ではやや連携が取りにくい所があります
阿修羅を取得している場合は詠唱無しでつなげることができますのでDEXが低い人はこのつなげ方がお奨めです
発勁( Psychic Wave )

MAXLv:5
対象:敵
効果:気を利用して敵の体内部に衝撃を与える 敵のDEFが高ければ高いほど大きいダメージを与え防御力無視
キャスティング:1秒 使用後のディレイ0.5秒(攻撃を受けても詠唱中断されない)
※注)セージのスペルブレイカーによる詠唱キャンセルは受ける

消費SP:6+SkillLv*4+気1つ使用
攻撃タイプ:無属性、近距離特殊物理攻撃
習得条件:気功 Lv.5
Lv 1 2 3 4 5
攻撃力 175% 250% 325% 400% 475%

スキル重要度:
5(5段階中)

管理人解説:相手のDEFが高ければ高いほど効果が高いスキルです
STRの高いキャラならばDEF+VITが100を超えると5桁ダメージをたたき出すことも可能
指弾型や高STR型でのプリーストとの亀島2Fペア発勁狩りはかなり有名です
このスキルのみで戦う場合は気孔のモーションキャンセルを利用して発勁→気孔と連打すると多少早くなります
指弾 ( Manipulate Spirit Sphere )

MAXLv:5
対象:敵1体
効果:敵に気弾を飛ばして遠距離攻撃をする スキルレベルが上がれば気弾を利用して一度に数の攻撃ができる
キャスティング:約0.8 + ( SkillLv x 0.7 ) 秒 使用後のディレイ0.5秒(攻撃を受けても詠唱中断されない)
※注)セージのスペルブレイカーによる詠唱キャンセルは受ける

消費SP:10
攻撃タイプ:遠距離特殊物理攻撃(武器の属性が乗ります) 射程は10
習得条件:発勁 Lv.3
LV 1 2 3 4 5
攻撃力 150% 175% 200% 225% 250%
発射可能数 1発 2発 3発 4発 5発
(表記では250%となっているようですが実際350%出ているとのうわさを聞きますので現在実験中です)

スキル重要度:
3(5段階中)

管理人解説:使用したスキルレベルの連発可能回数ぐらいの気弾があるなら 一度使用に何度もの攻撃になる
例1) スキルレベル3を使った時 気弾4個であったら3連発攻撃になる ダメージは200%*3
例2) スキルレベル5を使った時 気弾4個であったら4連発攻撃になる ダメージは250%*4

威力は低くはないですが詠唱が遅いため殴ったほうが早かったり
DEXをあげて詠唱早めると今度はSP消費量が追いつかなくなるためバランスが取れません
PvPやGvでは詠唱中に気奪を使われると指弾Lv1に強制変換されます
また遠距離物理攻撃判定のため
ニューマで無効化されてしまいます

弱点は多いですがSTR=DEX(通称指弾型)がモンクの中核になっているというほど人気のあるスキルでもあります
指弾型はSP面さえ考慮すればかなり強いタイプなので特化するかしないかでこのスキルの重要度は変化します
白刃取り( Dilema )

MAXLv:5
対象:自分
効果:一定時間中敵の攻撃を受け止める 術者と攻撃者は一定時間中その場で動くことができない状態に陷る
この場合術者か攻撃者のどちらかが死亡すれば 残り1人はその状態を解くことができるようになる
スキルレベルが上がるようになれば 白刃取り状態で対象にスキルを使用することができる
白刃取り状態でスキルを使用した場合白刃取り状態は自動で解除される

消費SP:10+気1つ使用
キャスティング:無し 使用後のディレイ 0.5秒
習得条件:見切り Lv.5
Lv 1 2 3 4 5
発動待機時間 0.5秒 0.7秒 0.9秒 1.1秒 1.3秒
継続時間 20秒 30秒 40秒 50秒 60秒
使用可能スキル 無し 指弾 発勁 連打掌 阿修羅

スキル重要度:
2(5段階中)

管理人解説:結構判断の難しいスキルです
重要度2となっていますが使いどころによれば3にも4にもなりとても判断が難しいです
ソロ狩りでは使用価値があまりありませんがPT戦となると使用価値が高まります
コンボの最終のように阿修羅も使用可能です この状態で使用するのもかなり安全なやり方です
なお 阿修羅覇凰拳を使用しようとするなら爆裂波動状態で気弾が4個以上でなければならないと言う条件が付きます
PvPでモンク同士で白羽をすると相手も白羽中連打などを使うことが可能(カウンター)
金剛 ( Physical Immune )

MAXLv:5
対象:自分
効果:持続時間中術者はDEFとMDEFが90で固定される ただし持続時間中にはいかなるスキルも使うことができないし
攻撃速度が25%減少する(アクティブスキル使用不可 パッシブスキル適用)移動速度も階遅くなる(速度減少状態)

消費SP:200+気5つ使用
キャスティング:約3秒(攻撃を受けても詠唱中断されない)
※注)セージのスペルブレイカーによる詠唱キャンセルは受ける
習得条件:猛龍拳 Lv.3
Lv 1 2 3 4 5
継続時間 30秒 60秒 90秒 120秒 150秒

スキル重要度:
3(5段階中)

管理人解説:アクティブスキルの中で使えるスキルの中の1つです
固定DEFはDEF:90+XX(MDEF も同一)なのですべての攻撃を90%カットすることができます
SP消費が200+気5つ使用で尚且つ攻撃速度と移動速度が減少しますがそれに見合う効果を持っています
PT戦ではもちろんのことソロ狩りやペア狩りでもかなりの効果を持ち
AGIが使用すれば通常回避を行い避けれない分は90%カットVITが使用すればダメージ一桁の可能性が出てきます
取得条件がコンボと言うことなのでパッシブ型には取りたくても取れないスキルですが
コンボを取得した場合は他のスキルを上げるよりもこのスキルに2ほどポイントを使えばまた狩場が広がります


以下新発見(2004/08/18)
金剛中に呪い(状態異常)をかけられると移動速度が速くなります
おそらく呪いの移動速度減少に移動速度が合わされて金剛の効果の↑に上書きされたものと思われます
爆裂波動( Critical Explosion )

MAXLv:5
対象:自分
効果:使用すれば 術者は一定時間中クリティカル確率が高まる 爆裂波動状態ではSPが自然回復しない
消費SP:15+気5つ使用
キャスティング:無し
習得条件:気奪 Lv.1
Lv 1 2 3 4 5
クリティカル追加率 +10% +12.5% +15% +17.5% +20%

スキル重要度:
1(5段階中)

管理人解説:スキルの効果としてはかなり使えるスキルですがSPが回復しないという弱点を持ちます
SPが回復しないと言うことが致命的欠陥と突っ込まれて取っていない方が多いようです
TC+コボルドorクリティカルリング+爆裂波動5を使えばLUK1でもクリティカル率50%を超えるためクリに結構期待できます
決して効果が悪いわけでは無いのですが・・・SP難はモンクにとっての最大の敵ですので阿修羅前提が無難です
阿修羅覇凰拳( Asura Strike )

MAXLv:5
対象:敵
効果:爆裂波動状態でのみ使用することができるスキル 自身の残ったSPをすべて使い強力なダメージを与えるスキル
消費SP:1+爆裂波動状態+気5つ使用+残りのSP全て
攻撃タイプ:無属性 近距離物理攻撃 射程は3
キャスティング:Lv1で4秒 スキルLvをあげることで0.5秒ずつ短くなる
習得条件:指弾 Lv.3 爆裂波動 Lv.3
Lv 1 2 3 4 5
追加攻撃力 400 550 700 850 1000
詠唱時間 4秒 3.5秒 3秒 2.5秒 2秒
使用後ディレイ 3秒 2.5秒 2秒 1.5秒 1秒

スキル重要度:
2(5段階中)

管理人解説:え〜・・・モンクの最終奥義スキルです(見た目上)
使用方法がBOSSか準BOSSにしかなく使った後は完全な無防備状態(5分間SP回復しない)に陥ります
現在リログすればこの状態は回復されますが後々のパッチで修正が来ると思うのでバグ利用はどうかと思います・・・
コンボの後に入れると詠唱が無くなりそのまま連続で発動します
撃った後も青ポなどのSP回復剤でSPは回復することができるのでSTR=DEX型の阿修羅連発なども良いかもしれません
残影( Dash like a bullet )

MAXLv:1
対象:地面1セル
効果:選択した地面1セル周辺に瞬間移動するようにさせる
消費SP:14+気1つ使用(爆裂状態ならSPのみ使用)
キャスティング:無し
習得条件:息吹 Lv.2 金剛 Lv.3 阿修羅覇凰拳 Lv.3

スキル重要度:
2(5段階中)

管理人解説:事実上モンクの最終奥義
本来この難しい取得条件のため奥義のはずなんですが・・・阿修羅が目立ちすぎて影に追われたスキルorz
でも効果はいいものを持っています(シーズモード[GvG]でも使用可能です)
指定したセルにキャラがいようと魔法があろうと飛ぶことができます
間にFWのようなスキルがあってもダメージ無しで貫通することができます
転生パッチ(2005/02/15)から爆裂状態ならばSP消費のみとなり気孔を消費しなくなりました
ただし残影後二秒間は阿修羅の発動が不可能なったため戦術の幅が増えたとは一概にいえません
ですが気孔を消費しなくなったため回避時には効果絶大だと思います
ただ・・・他の有名モンクスキルを削りってまで使えるスキルか?っと聞かれると(;`・ω・´)・・・
inserted by FC2 system